記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  教育関連

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    大阪教育大付属平野小学校で集団食中毒



    学術論文で、カット野菜について、
    キャベツ・レタスの浸出液中において、サルモネラ、腸管出血性大腸菌O157、Listeria
    monocytogenes は、10°C以下では 72 時間目まで増殖しなかった。
    15°Cでは24 時間で増殖がみられたという結果がある。
    10°Cと 15°Cでは食中毒菌の増殖に大きく差があり、万が一食中毒菌が
    キャベツ・レタスに付着した場合でも、増殖対策として温度を 10°C以下
    に保持していれば、食中毒リスクは低くなるという。
    というものがある。

    食中毒だとすると、台風一過による気温上昇が原因なのかもしれません。

    20日午前11時40分頃、大阪市平野区の大阪教育大付属平野小学校から
    「調理実習をしていた児童が気分が悪いと言っている」と119番があった。

    同市消防局の救急隊員が駆け付けたところ、5年生23人が吐き気や寒気などを訴え、
    全員を病院に搬送した。いずれも軽症とみられる。

    同局などによると、この23人を含む5年3組の38人が、同8時45分から
    同10時25分まで1、2時間目の授業として、校舎3階の調理室で調理実習。
    生キャベツとゆでキャベツの食べ比べで、全員が2時間目にマヨネーズと塩を
    付けて食べたところ、数分後から吐き気などを訴え始めたという。
    同局は「食中毒が疑われる」としている。

    同小の木原俊行校長によると、実習で使ったキャベツは、家庭科の教諭が19日
    にスーパーで購入して自宅の冷蔵庫で保管し、この日学校に持ってきたという。
    木原校長は「何らかの落ち度があったと思っている。
    きちんと状況を把握したうえで、保護者におわびや謝罪をしたいと考えている」と述べた。

    スポンサーサイト

    [ 2012年06月20日 15:53 ] カテゴリ:教育関連 | TB(0) | CM(0)

    玉川学園高校で転落死



    自殺か事故なのか?

    横浜市青葉区の玉川学園で10日、校舎5階から高等学校課程1年
    の女子生徒(15)が転落した事故で、女子生徒は同日、搬送先の
    病院で死亡が確認された。

    青葉署によると、当時は授業中だったが生徒は出席していなかった。
    別の校舎にいた教諭が、生徒が1人でベランダのフェンスを越えて転落した
    のを目撃していた。ベランダにはかばんと携帯電話が残されていた。
    同署が詳しい状況を調べている。

    生徒は4月に、付属の中学校課程から高等学校課程に進学したばかりだった。
    家族に「高校に進学して、仲の良い友達と離ればなれになってさびしい」
    などと話していたということで、転落に至る理由は定かではない。

    玉川学園は2つのコースに分かれている。
    玉川学園高校[プロアクティブ]63
    玉川学園高校[普通]60

    [ 2012年04月10日 20:41 ] カテゴリ:教育関連 | TB(0) | CM(0)

    杉並区が学校選択制廃止



    杉並区が小中の学校選択制を廃止するそうです。

    現在では、以下のような問題が浮上しています。

    1.
    元来、公立学校は全国どこの学校でも同様の教育を提供するという
    ナショナル・ミニマムの考え方の基に整備されており、また、
    人事異動によって教職員を常に入れ替えている為、特定の宗派宗教
    や教育思想を基に開設され教職員の異動も無い私立学校に較べると、
    教育内容への特色を出しにくい。
    その結果、保護者による学校選択は進学実績以外には立地や噂など、
    確たる根拠の無いものに左右されやすくなる。

    東京都杉並区教委は、小中学校で実施している学校選択制を
    2016年度に廃止する方針を決定。
    学校選択制は、一定の地域内で、通いたい学校を自由に選べる制度で、
    東京23区のうち19区が選択制を導入しているが、廃止方針を
    決めたのは杉並区が初めて。

    2.
    日本に先行して学校選択制を取り入れたイギリスにおいては人気校の周辺の
    地価が高騰して低所得者が転出し、低所得者の子弟が人気校に通うことが
    難しくなっているとされる。
    これにより「人が集まらないからあそこは悪い学校・ダメ学校」のレッテルが
    貼られ、またそれに伴い入学者数が減少するという負のスパイラル現象が発生している。

    3.
    教職員への負担の増加
    品川区では学校選択制を導入した結果、教職員が感じるストレスが目に見えて増大
    しているとされ、品川区の小中学校への異動は「しな流し」と呼ばれて敬遠され
    ているという。

    3.
    地域社会との紐帯の崩壊
    学校選択制を導入した結果、地域社会と学校とのコミュニティが希薄化したことを
    問題視する意見もある。実際、2008年にはこうした観点から、江東区と前橋市が
    相次いで学校選択制の制度縮小や撤廃を結滞している。

    4.
    個性的な教育実践を可能とする制度設計の不備
    アメリカやニュージーランド、オーストラリアなどの公立学校では校長は人事権
    と予算権を与えられており、それらの職権を用いて学校の特色を伸ばすことが
    可能となっている。
    一方、日本の公立学校においてはごく僅かな例外をのぞき、校長は人事権も予算権
    も持っていない。また、校長も3年程度で次々に異動していくことが多く、じっくり
    腰を据えた取り組みがしづらいとの指摘がある。

    日本の教育制度がナショナルミニマムが基本となっているので、競争原理を
    導入することに無理があったということが言えます。

    しかし、杉並区の場合は、競争原理導入による学校活性化を目指したが、
    校舎の新しさなど、教育内容と関係ないことで学校が選ばれる傾向があり、
    杉並区が導入から10年になるのを機に検証したところ、一部の
    学校に人気が集中したり、事実に基づかないうわさで希望者が
    激減したりするなどのデメリットが目立ってきたという、教育とはかけ離れた
    ところで問題が浮上したのが理由のようです。

    また、PTA役員や校長らを対象にしたアンケートでは、3分の2が
    「制度の廃止か見直しを」と回答した。
    東日本大震災を機に登下校時の安全を重視する保護者も増え、
    「選択制は地域と学校のつながりを希薄にするのでは」
    との問題意識も高まっているという。

    [ 2012年03月31日 21:02 ] カテゴリ:教育関連 | TB(0) | CM(0)

    東京都立第一商業高校の制服



    東京都立第一商業高校は東京で初期に設立された公立の商業学校。
    戦前の旧制第一商業学校時代は、多くの生徒が旧制東京商科大学や
    旧制第一高等学校などへ進学したため、天下の一商と呼ばれるよう
    になった。
    現在では都立商業高校の中でも先進的な商業教育(簿記や英語教育、
    生活指導等)をしているとして、低迷する商業高校の牽引役を担う
    リーディングコマーシャルハイスクールに2005年(平成17年)より指定される。

    日本版GPSに使われる準天頂衛星「みちびき」が撮影した
    地球の姿をネクタイやリボンに小さくあしらった制服を
    東京都立第一商業高校が作った。

    「みちびき」は、2010(平成22)年9月11日、H-IIAロケット18号機
    によって打ち上げられました。準天頂軌道に投入された「みちびき」は、
    3ヶ月間の初期機能確認の後、関係機関と協力して技術実証実験、
    利用実証実験を開始。

    現在、「みちびき」からの信号は既に市販されているカーナビなどの
    GPS受信機では受信することができませんが、簡易な改修により受信が
    可能。機種によってはソフトウェアの改修により対応できるものもある
    ようです。
    JAXAを含めた関係機関では、受信機メーカの対応を促進しているところでます。

    同校は1918年創立。商業高校の人気が近年伸び悩み、
    制服の刷新を決めた。2013年度の新入生から導入する。
    宇宙航空研究開発機構の衛星画像が制服に使われるのは初めて。

    創立記念日にあたる昨年6月3日に撮影された地球の画像は、
    少し欠けている。
    「人生を丸く完成させるため、残りは自身で努力してほしい」
    (戸田勝昭校長)との思いが込められている。

    [ 2012年02月25日 21:50 ] カテゴリ:教育関連 | TB(0) | CM(0)

    東京都で駅前型病児保育事業



    東京都は3年間かけて都内の市や区と連携して、保育施設で急な発熱など
    病気の症状が出た子供を一時的に預かる新しいタイプの
    「病児保育所」を駅前に設置し採算性を検証するそうです。
    送迎サービス付きで、保護者が職場から戻らなくても適切な
    手当てが受けられるようにし安心して預けられる環境を整える。
    2012年度に3カ所を開設予定。

    この病児保育所は医療機関など民間が運営にあたり、都は市や
    区を通じ運営費を補助する「駅前型病児保育事業」として実施する。
    定員は6人以上。
    都は既存の駅前病児保育所に保育施設から病気の園児を送迎する
    サービスを付加する方式や新設を検討する。

    総事業費900万円を2012年度予算案に計上。
    今後、開設を希望する市や区を募り、年内にも3カ所で開く予定。

    開設にあたっては周辺の認可保育所や認証保育所と提携する。
    各保育施設内で子供が突然熱を出した場合などに保育士が親に連絡し、
    希望を聞いた上でタクシーなどで病児保育所まで送る。
    提携保育所以外でも、同じ市区に住んでいる家族で事前に登録し、
    予約すれば利用できる。

    利用料金や送迎代は市や区が決めるが、都内の病児保育所の利用料金の平均、
    1日2500円が目安になる。
    都は通常の補助基準額に病児保育所の家賃の一部に充当する年144万円と
    送迎費1回あたり2600円を上乗せして補助。
    送迎代もタクシー代など実費程度に抑えられる見込み。

    都内で病気や病気回復期の子供を預かる病児・病後児保育所は109カ所(1月時点)。
    うち、病気のときの病児対応型は47カ所(定員は249人)にとどまっている。

    子供は容体が変わりやすく、当日キャンセルすることも多い。
    季節によっても需要に差がある。
    ニーズは高いが、経営が安定しないため、なかなか増えないのが実情。
    都内の病児保育所の稼働率は平均35%程度で、赤字の施設も少なくない。

    新施設では特定の保育所と提携するほか便利な駅前に開設することで高い稼働率を
    維持したい考え。3年間かけて効果を検証。運営ノウハウを蓄積し、拡大を検討する。

    [ 2012年02月22日 04:45 ] カテゴリ:教育関連 | TB(0) | CM(0)
    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。