FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  東日本大震災 >  原子力安全保安院 「絶対安全を目指さないといけない時代が来た」

    原子力安全保安院 「絶対安全を目指さないといけない時代が来た」



    「絶対安全の意味が変わってきた。今回の津波なども想定
    した上で、絶対安全を目指さないといけない時代が来たと思う」

    原子力安全保安員は、上記のような認識を述べました。

    また、原発に対する安全対策に不備があったことも認め、根本的
    な見直しを進める方針であることを明かしました。

    今すぐに原子力を無くすことは不可能だと思いますし、新たな建設
    には抵抗感がありますが、代替発電技術が確立しない限り、原子力
    発電を無くすということは難しいと思います。
    そういう点では、絶対安全を目指して安心できる原子力発電の確立
    に全力で取り組んでほしいと思います。

    また、今後の代替発電技術に対しても安全基準が上がり、結果として
    技術の向上が期待できると思います。


    以下、時事通信より転載

     「絶対大丈夫と信じていたが、こういう事態になった」。
    経済産業省原子力安全・保安院の西山英彦審議官は9日午前、記者会見し、
    原発の安全対策に不備があったことを認め、根本的に見直す方針を明らかにした。
     西山審議官は福島第1原発事故について、「多重防護、5重の壁など絶対大丈夫と
    言ってきたことについて、信じてやってきたが、こういう事態になった」と反省。
    その上で「今回の経験を踏まえ、これまでのことにとらわれず、すべてのことについて
    見直す必要がある」と述べた。

     保安院が同日、原発を保有するすべての電気事業者に対し、原子炉が運転停止中でも、
    2台以上の非常用ディーゼル発電機を確保するよう指示したことに関連し、記者からの質問に答えた。

     さらに同審議官は同日午後の会見で、非常用電源の確保など緊急対策の実施後、技術的な面を中心
    に安全対策の見直しを進める考えを示唆。「絶対安全の意味が変わってきた。今回の津波なども想定
    した上で、絶対安全を目指さないといけない時代が来たと思う」と話した。 
    関連記事

    [ 2011年04月09日 20:52 ] カテゴリ:東日本大震災 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク