FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  プルトニウム関連 >  プルトニウムの体内摂取 創傷進入と経皮吸収について

    プルトニウムの体内摂取 創傷進入と経皮吸収について



    今回は創傷被曝経皮吸収についてです。

    創傷被曝は典型的な職業に絡む被曝です。過去に幾つかの事例が
    世界中で報告されています。

    この場合は比較的長く、その部位に留まります。徐々にその部位を
    支配するリンパ節に集まったり、一部は血液に入り、肝臓や骨に沈着
    します(この部分は吸引摂取と同様です)。

    従って、事故の際にはその部分を手術などによって取り除くことが
    有効な手段とされています。


    経皮吸収は一般的に職業被曝で問題にされます。
    しかし、プルトニウムの場合、正常な皮膚からの吸収は無い。
    とされています。
    傷や肌荒れがある場合はわかりません。


    まとめとしまして

    プルトニウムが人体に摂取された場合。
    摂取の方法などにより、体内での挙動が異なります。
    人体での危険度の評価は条件が不明な場合は非常に
    複雑とされています。

    人体に蓄積されているプルトニウムの量については
    バイオアッセイと呼ばれる、尿に含まれる
    微量のプルトニウムを測定し、人体に蓄積されている
    量を計算するという方法があります。

    プルトニウムは骨や肝臓に留まるという特徴があります。
    しかし、骨などは発見が困難なため、将来がんが発生する
    危険性が増加すると考えられています。




    関連記事

    [ 2011年04月11日 00:01 ] カテゴリ:プルトニウム関連 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク