FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  android >  windows XPでandroidエミュレータの動作が重い

    windows XPでandroidエミュレータの動作が重い



    windows xp でandroidのアプリを開発しようと思い、
    早速、エミュレータをインストールしてみました。

    インストールしたものは
    Android SDK 現在はリビジョン10でした。
    Android NDK こちらのリビジョンは5b。
    java JDK バージョン6。
    Eclipseプラグイン日本語化プラグイン 英語が苦手なので・・・。

    です。

    Eclipseの日本語化プラグインは600M程度あり、ダウンロードには少し時間がかかりました。

    Eclipseの「Android SDK および AVD マネージャー」からAvailable Packages」を選択し、
    「Android Repository」ですべてをチェックするとインストールするのに、かなりの時間が
    費やされます。
    不要なものはチェックしないほうがよさそうです。

    さて、なんだかんだで時間がかかりましたが、無事、エミュレータの起動に成功しました。

    しかし、エミュレータの起動にも時間がかかり、さらにエミュレータで開発しようとしても
    反応が遅過ぎる。
    おそらくjavaが原因なのでしょう。
    個人的にはjavaは重過ぎるのであまり使いたくないのですが。。

    マシンのスペックが悪いと言えばそうかもしれませんが・・・。

    そこで重い動作を解消するために、少し調べて見ました。

    Android-x86というものがあるそうです。
    windowsの場合はVirtualBoxにインストールして使えます。
    これは、開発環境というより、グラフィックベースのデバック用途になら
    使えそうです。

    eclipseのbuild automaticalyを停止すると少し軽くなるようです。


    しかし、重すぎる。


    関連記事

    [ 2011年04月17日 16:50 ] カテゴリ:android | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク