FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  気になる人 >  中村仁信(放射線防護委員会委員長)

    中村仁信(放射線防護委員会委員長)



    何かと話題の中村先生です。

    たかじんの番組で今現在の放射能レベルであれば人体への影響は無く、
    むしろ活性炭素活性酸素が増えて体に良い。という発言をされた先生です。

    簡単なプロフィールです。
    中村 仁信(なかむら ひろのぶ)
    1971年大阪大学医学部卒業。
    国立大阪病院放射線医師
    大阪大学医学部講師
    米国・オレゴン大学医学部放射線科留学
    大阪大学医学部助教授
    同教授、同大学大学院教授(放射線医学)
    09年4月医療法人友紘会彩都友紘会病院長に就任
    日本医学放射線学会専門医
    日本医学会幹事
    日本医学放射線学会理事、日本IVR学会理事

    説明を聞くと言っていることは、なんとなく納得できます。
    賛否が分かれますが、確かに今現在の放射能レベルであれば
    問題ないのかもしれません。
    人体実験ができないので、年間500ミリ以上は危険かもしれないという認識でした。
    何が危険かというのは、男性でいうと子孫を残す機能が低下するというようなことです。
    低レベルの被曝であれば、活性炭素活性酸素が増えて発がん率も低下するという論文やデータも
    あるようです。

    また、実際のところ、年間100ミリシーベルトというしきい値は根拠がないそうですが、
    低い数値で線を引けば問題が起こりにくいということらしいです。

    結局のところ、原爆やチェルノブイリとはことなり、大爆発を起こしていないので、
    原爆やチェルノブイリのデータは殆ど参考にならないそうです。


    と言う理由で、はっきりとしたことは分からないということになります。
    本来は、国、専門家、東電が判断にしたがえば良いのですが、
    頼りにならないので、個人次第ということになります。

    関連記事

    [ 2011年04月17日 22:43 ] カテゴリ:気になる人 | TB(0) | CM(3)
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2011/04/19 17:17 ] [ 編集 ]
    訂正しました。
    ご指摘有難うございます。

    誤)活性炭素
    正)活性酸素
    です。

    申し訳ございません。。。
    [ 2011/04/19 21:22 ] [ 編集 ]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2011/06/19 04:40 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク