FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  東日本大震災 >  オンカロ (ONKALO )

    オンカロ (ONKALO )



    オンカロ(ONKALO)とはフィンランドのオルキルオト島(Olkiluoto Island)
    に存在する、高レベル放射性廃棄物の地層処分を行うための最終処分場です。
    ドキュメンタリー映画「100、000年後の安全」で話題になっています。

    フィンランドのポシヴァ社(Posiva Oy)が建設中です。

    2001年5月に最終処分場として選定。
    2004年に着工。
    2020年までに運用を開始予定。

    用途としましては2120年頃までの100年間にわたり埋設処分に利用される予定。
    100年後に施設が満杯になるという想定。
    満杯になった後は、坑道を埋め戻して完全に封鎖。
    という流れになっています。

    プルトニウムの半減期(2万4000年)を基準にして
    10万年にわたってオンカロは地下に封鎖され続けることになっています。
    10万年というのは生物にとって問題ない放射線レベルに達する年数のようです。

    オルキルオト島が選ばれた理由は地層が強固な岩盤であると言う点と
    非常に長い年月の間、問題が起こっていない。(天災などが無い)
    ということらしいです。

    地層処理は、高レベル放射性廃棄物を水に溶けにくい「ガラス固化」処理した後、
    オ-バ-パックと呼ばれる「人工バリア」に格納し、数百メートルの地層という
    「天然バリア」を隔てた「多重バリア」を持つ地下に隔離する方法である。
    宇宙に放棄する選択肢も技術的に困難な現状では、地層処理が唯一現実的な
    最終処分方法であるとされているそうです。

    weblio.jpより

    また、6万年後に来ると言われる氷河期で人類が全滅することも想定し、
    宇宙人でも理解できそう?とされる標識が作られているそうです。

    標識は置いといて、危険物の具体的な後始末まで考慮し、実行ていると言う点は
    諸外国に比べとても進んでいると思います。
    関連記事

    [ 2011年04月19日 21:04 ] カテゴリ:東日本大震災 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク