FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  工学 >  抵抗の温度係数

    抵抗の温度係数



    抵抗の温度係数とは、抵抗値の温度によるズレを温度係数で表したもの
    通常抵抗器に電流を流すと流れを阻止するために温度に変換して外部に
    逃がすので必ず熱が発生する。そのために抵抗器を流れる電子が活発に
    なり、本来定められた抵抗値ではなくなってしまう。この本来の値との
    ズレを示したものが抵抗温度係数。

    特に大きな電流を必要とする回路を構成する場合に予め配慮して作らな
    くては、故障の原因となる。抵抗温度係数の単位は、ppm/℃。

    鉄材は多くの化学成分を有しており、その成分比によって抵抗の温度依
    存性も変わる、成分比を指定しなければ抵抗の温度依存性は決まらない。
    関連記事

    [ 2011年01月11日 02:59 ] カテゴリ:工学 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク