FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  工学 >  衛星だいちが電力停止で観測不能に

    衛星だいちが電力停止で観測不能に



    宇宙航空研究開発機構は22日、陸域観測技術衛星「だいち」の発生電力が停止し、
    観測ができなくなったと発表した。原因を調査して対策を検討するとしている。


    以下、JAXAより抜粋
     平成18年1月24日に打上げられた陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)は、設計寿命3年、目標寿命5年を超えて運用しておりましたが、4月22日午前7時30分頃、急な発生電力の低下とともに、軽負荷モード(注1)に移行し、搭載観測機器の電源がオフ状態となっていることがデータ中継衛星「こだま」(DRTS)による中継データから判明しました。
     その後、発生電力低下が急速に進み、現在、発生電力は確認できておりません。

     宇宙航空研究開発機構においては、今回の事象の原因調査を進めるとともに、必要な対策を講じていきます。
     だいちは2006年1月にH2Aロケットで鹿児島県の宇宙機構種子島宇宙センターから打ち上げられた後、設計寿命の3年、目標寿命の5年を超えて運用されていた。
     同日午前7時半ごろ、太陽電池から供給されている電力が急速に低下し、消費電力を節減するモードに入った後、発生電力が確認できなくなったという。
     東日本大震災後に観測した東北地方の画像は、地殻変動の把握などに活用された。
    関連記事

    [ 2011年04月22日 20:38 ] カテゴリ:工学 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク