FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  東日本大震災 >  JCO臨海事故の大内氏から学ぶ

    JCO臨海事故の大内氏から学ぶ



    1999年9月30日
    東海村で臨界事故が起こりました。
    作業を行っていたJCO大内さんは同僚と2名でウラン溶液バケツとロートを使って
    流し込んでいるときでした。
    突然、バシッという音とともに青い光を見たそうです。
    この青い光とはチェレンコフの光と言われ、臨界に達したときに放たれる特有の
    光です。
    この放射線の中で、最もエネルギーが強いとされています。

    JCOという会社には裏マニュアルと呼ばれる作業工程があり、上記の作業もおそらく
    裏マニュアルに沿ったものなのだろう。
    また、大内さん達は自分たちが行っている作業時に臨界事故が起きる可能性を
    知らせれていなかったと言います。

    一般的に8シーベルト以上の放射線を浴びた場合、死亡率は100%と言われいます。
    大内さんが被曝した量は20シーベルト前後。
    これは年間限度量の2万倍に相当しています。

    大内さんが病院に搬送されたとき、医師達は外見では元気そうである大内さんの
    姿に驚いたそうです。ただ、右手だけ腫れ上がっていて、あとは、全身が日焼け
    したように赤みがかっていたと言います。
    普通に喋ることができるので、いったいどこが悪いのか医師や看護婦たちは
    想像とは異なる現実に信じられなかったようです。

    しかし、数日経過すると大内さんに変化が現れてきたそうです。
    喉の渇きを訴えはじめ、点滴などを止めるテープを剥がすと一緒に皮膚もついてくる。
    という状況になったそうです。

    これが被曝の恐ろしさです。
    染色体が放射線により破壊されるので新しい染色体が作れなくなっているのです。
    内臓も内部でただれているようでした。
    感染症や細菌を防ぐために、白血球を移植しましたが、
    移植後も染色体に一部に破壊された部分が見つかりました。
    これは、大内さんが内部被曝していた可能性が強いといえます。

    その後、内臓からは次々と出血が起こり、一日に数十リットルもの輸血が行われる
    こともありました。
    その頃には大内さんは1日に3リットル程、下痢をしていたそうです。

    被曝後、83日目で大内さんは他界しました。

    現実的に、原子力とは技術面からみて安全を確保することが難しく、
    被曝後は医療面からみて命を救うことができない。

    関連記事

    [ 2011年05月01日 08:42 ] カテゴリ:東日本大震災 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク