FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  気になる人 >  小佐古敏荘氏が辞任

    小佐古敏荘氏が辞任



    内閣官房参与の小佐古敏荘(こさことしそう)氏が辞任しました。

    校庭の放射線基準値について小佐古氏は
    「年間20ミリシーベルト以下」という基準が高すぎるという主張を
    政府が軽く扱ったのが原因なのでしょう。

    小佐古氏は
    「通常の放射線防護基準(年間1ミリシーベルト、
     特殊な例で5ミリシーベルト)で運用すべきで、
     警戒期ではあるにしても、緊急時(2日~14日間)に
     運用すべき数値をこの時期に使用するのは全くの間違い
     であります。特別な措置をとれば、数ヶ月間は最大、
     年間10ミリシーベルトの使用も不可能ではないが、
     通常は避けるべきだと考えます。
     学問上の見地からのみならず、私のヒューマニズムから
     しても受け入れがたいものです。」
    と発言しています。

    ヒューマニズムという言葉がでた時点で現政権を批判している
    のはよく分かります。

    しかし、小佐古氏も辞任される前に学者として安全な基準と言える
    数値やその数値についての根拠を示してから辞任されればよかったと思います。

    ヒューマニズムという抽象的な言葉を発言されても困りものです。
    特に根拠がないのであれば政権から見放されても仕方がないのでは?

    説得力がないので20ミリシーベルトが高いのか適切なのか。
    分からず終いです。
    関連記事

    [ 2011年05月01日 15:23 ] カテゴリ:気になる人 | TB(1) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    小佐古敏荘内閣官房参与辞任劇は、菅降ろしの一幕か?
    小佐古敏荘(こさことしそう)東京大学大学院教授が、政府の福島第1原発事故への対応を批判して内閣官房参与を辞任したことが話題になった。そしてこの話題では、地位のある身でありながら、科学者としての良識を守った小佐古敏荘教授という図式が喝采を浴びてしまった。?...
    [2011/05/03 13:13] ニュースを読まねば
    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク