FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  気になる人 >  加納時男氏の発言

    加納時男氏の発言



    加納時男氏が朝日新聞のインタビューに答えている記事を見ました。
    2011年5月5日の朝刊です。憤りを感じましたので書いてみました。


    -福島の現状をどう感じていますか?
    加納氏「東電出身、元国会議員として二重の責任を感じている。
        インターネット上で『お前は絞首刑だ』『A級戦犯だ』
        と書かれてつらいが、原子力を選択したことは間違って
        いなかった。地元の強い要望で原発ができ、地域の雇用
        や所得が上がったのも事実だ」


    と福島の現状を問われているのに自分を正当化することしか言ってません。


    -原発推進のため国会議員になったのですか?

    加納氏「そうではない。当時財界と自民党との間に溝があり、経団連
        は財界の声を反映させたかった。特定の業界のために仕事を
        してきたわけではない」

    -電力会社役員から個人献金を受け、自民党が原子力政策に甘くなったことは?
    加納氏「お金をもらったから規制を緩くしたとか、そんなことはない」

    -河野太郎氏は「核燃料サイクル」政策は破綻していると主張しています。
    加納氏「反原発の集会に出ている人の意見だ。自民党の意見になったことはない。
        反原発の政党で活躍すればいい。社民党に推薦しますよ。福島瑞穂党首
        は私の大学の後輩だから」

    同じ党内に自分と異なる意見を持つものがいると排除しようとする考え方。
    権力を振りかざすタイプの人のようです。
    今まで自民党の意見になったことが無いというだけで、これから反原発という考え
    が主流になるかも知れないのに、反原発に議論の余地を与えないのは説得する自信がない
    ということでしょう。
    まさに、政局や選挙費用のために利用されてきたタイプだと思います。


    -今後も原発を新設するべきでしょうか?
    加納氏「太陽光や風力というお言葉はとってもロマンがある。しかし、新増設なしで
        エネルギーの安定的な確保ができるのか。二酸化炭素排出抑制の対策ができるのか。
        天然ガスや石油を海外から購入する際も、原発があることで有利に交渉できる。
        原子力の選択肢を放棄すべきではない。福島第一原発第5、6号機も捨てずに
        生かす選択肢はある」

    この非常事態でも二酸化炭素排出量や交渉のカードを出されても誰が納得するのでしょうか。
    被害総額や復興総額を考えても、自然エネルギーを利用して、蓄電技術に時間と費用を費やした
    方が有意義だと思います。


    -東電の責任をどう考えますか?

    加納氏「東電を潰せという意見があるが、株主の資産が減ってしまう。金融市場や株式市場
        に大混乱をもたらすような乱暴な議論があるのは残念だ。
        原子力損害賠償法には『損害が異常に巨大な天災地変によって生じたときはこの
        限りではない』という免責条項もある。今回の災害があたらないとすると、一体
        何があたるのか。全部免責しろとは言わないが、具体的な負担を考えて欲しい」


    自分が大株主だからでしょう。現在東電の顧問でもありますし。
    また、すでに市場には大混乱をもたらしました。
    すべてを免責されることはありえませんが、少なくとも被爆した可能性の人々、特に
    子供たちが無事に子孫を残せることが確認できるまでは負担すべきだと思います。
    また、復興作業を妨げた点を考慮して、損害賠償や慰謝料は手厚く負担すべきです。


    加納氏「低線量の放射線は『むしろ健康にいい』と主張する研究者もいる。説得力があると思う。
        私の同僚も低線量の放射線治療で病気が治った。過剰反応になっているのでは。
        ということすら世の中では言えない。これだけでも申し上げたくて取材に応じた」


    加納さん、今すぐに福島原発周辺で生活をはじめてください。
    体をはって健康に良いということを証明してから発言をお願い致します。
    あまりにも軽率過ぎます。

    関連記事

    [ 2011年05月05日 15:15 ] カテゴリ:気になる人 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク