FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  その他 >  動物園のコアラの食費

    動物園のコアラの食費



    コアラが日本に来たのは1984年。
    日本ーオーストラリアの友好親善動物としてやってきた。6匹。
    日本はお返しにオオサンショウウオを贈った。


    コアラのえさ代、年間1000~2000万円/1頭。

    ことの発端は大阪市天王寺動物園のコアラのえさ代をめぐってである。

    [コスト面]
    ・輸送費
     全国数カ所で栽培しており、集約できず輸送費がかさみコストダウンが難しい状況らしい。
      1.分散させる理由は台風などの影響で収穫が困難になるのを予防するため。
      2.オーストラリアが災害等にあい、輸入困難な状態に陥らないため。
    ・栽培の人件費や管理費もえさ代に含まれる。

    埼玉県こども動物自然公園ではコアラが食べ残したユーカリを
    キリンやヤギに食べさせているとか。

    [ユーカリ]
    ・オーストラリアでは700種類程度あり、120程度が食用になる。
    ・ユーカリの葉は、昆虫や野生動物に食べられないように、タンニンや油分が含まれて
     いるため、消化が悪い。
     しかし、コアラは匂いで葉を選別して食べ、盲腸で発酵させることで毒素を分解し、
     消化吸収する。(盲腸の長さは2M程度)

    [摂取量]
    ・1日に8種類、計25kgが与えられる。しかし、口にするのは25gで好みの葉だけ。
     単一の種類では腸内細菌を保てないので、多くの種類を少しずつ摂取するらしい。
     しかも、新鮮ユーカリしか食べない。かつ、ユーカリに含まれるタンニンや油分を
     避けて食べる。
    ・赤ん坊が食べるという、母親のウンチは実は、盲腸で作られたパップ(ペースト状のもの)。
     これを食べて母親がもつバクテリアを受け継ぐ。このバクテリアは消化の悪いユーカリ
     を消化する助けをする。
     この流れで親と同じ葉を食べつづけることになる。

    ちなみにユーカリは栄養素が少ないため、コアラは20時間程睡眠をとる。

    [その他の動物の食費]
    ぞうの年間の食費は400万円ほどらしい。


    関連記事

    [ 2011年01月14日 22:29 ] カテゴリ:その他 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク