FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  気になる人 >  湯浅宗重と平清盛

    湯浅宗重と平清盛



    2012年の大河ドラマでは「平清盛」が放送されるそうです。
    平清盛を調べているとかなりマニアックですが、「湯浅氏
    の存在を知りましたので書いてみようと思います。

    湯浅氏は藤原秀郷の後裔と言われています。
    紀伊国在田郡湯浅庄から発祥した武士団であった。
    平清盛との接点は紀伊権守宗重のときであす。
    平治元年(1159)熊野参詣の途中にあった平清盛のもとに
    源義朝挙兵の報告が伝えられました。
    これは「平治の乱」と呼ばれで、清盛はただちに京に引き返し、上皇・天皇を救出し
    義朝軍を打ち破ったという話です。
    このとき、清盛の帰洛に活躍したのが湯浅宗重だったそうです。
    「平治の乱」を境に、湯浅宗重は平家の有力家人なりました。

    その後、源頼朝の挙兵により平家が滅亡すると、平重盛の子忠房を庇護して湯浅城に
    立て籠り源氏方と戦いました。その後、文覚上人の仲介で源頼朝に降り、本領を安堵され
    鎌倉御家人に列しました。
    その後、湯浅一族は在田郷一帯から、さらに紀ノ川流域にまで所領を拡大し、有力御家人
    として栄え湯浅党と呼ばれるにいたりました。

    湯浅党は、紀州最大の武家集団と呼ばれ、勢力を拡大して行きました。
    湯浅氏(宗重の子:湯浅宗景)
    糸我氏(宗重の子:糸我宗方、糸我荘地頭)
    得田氏(宗重の子:得田盛高、得田荘地頭)
    保田氏(宗重の子:保田宗光、保田荘地頭)
    丹生図氏
    芳養氏
    石垣氏
    崎山氏(女子が嫁いだ)
    藤並氏
    などが知られています。

    余談ですが、現在の和歌山県有田市の温州みかんは糸我荘からはじまった
    そうです。

    湯浅氏については
    湯浅博物館にいろいろと情報があります。
    おそらく末裔の方が作られたページだと思われます。

    関連記事

    [ 2011年05月07日 17:19 ] カテゴリ:気になる人 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク