記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  工学 >  ロケット打ち上げ 失敗確率

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ロケット打ち上げ 失敗確率



    2011年1月、国産ロケットである、Hー2Bロケット2号機が
    こうのとり2号を国際宇宙ステーションに運ぶことに成功しました。
    この結果、Hー2A、Hー2Bの両シリーズを合わせて14回
    連続成功となりました。

    信頼性が高まる一方、長年現場に携わっている人ほど、
    そろそろ事故が起きるのでは?という不安を抱くそうです。

    特に根拠があるわけではないそうですが、世界のロケット
    打ち上げ成功率が不安の原因です。

    世界のロケット打ち上げ成功率は
    ソユーズ(露):97% ※打ち上げ回数約1750回
    デルタ(米):95.3% ※打ち上げ回数約340回
    H2ーA、H2ーB(日):95% ※打ち上げ回数20回
    アリアン(欧州):94% ※打ち上げ回数約200回

    それぞれ95%前後ということで5%(20回に1回)の確率
    で失敗していることになります。

    ただ、この不安感があるからこそ注意力や危機回避力を
    育てることになると思いますので、おごることなく世界一の
    信頼性を目指してがんばってほしいです。
    関連記事

    [ 2011年05月08日 12:03 ] カテゴリ:工学 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。