FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  医療関連 >  iPS細胞で拒絶反応

    iPS細胞で拒絶反応



    CiRA
    京都大学の山中伸弥所長が世界で初めて作ることに成功した細胞です。
    万能とされてきたこの細胞で問題が発生しているそうです。

    様々な組織の細胞に変化するiPS細胞で、免疫による拒絶反応を
    引き起こす例があることを、米カリフォルニア大サンディエゴ校の
    チームがマウスの実験で明らかにしました。

    自分の細胞で作ったiPS細胞の移植では拒絶反応が起きないとされており、
    iPS細胞を使う再生医療で新たな課題となります。
    14日の英科学誌ネイチャー電子版で発表する。

    研究チームは、マウスの体細胞から作ったiPS細胞を、同じ遺伝情報を持つ
    マウスの皮下に移植し、免疫反応を調べた。

    通常なら移植後、様々な種類の細胞の塊に成長するはずだが、今回、
    iPS細胞は免疫細胞の攻撃を受け、塊ができにくくなる場合がありました。
    作製法によって免疫反応に差が出たが、少なくとも2割で塊ができなかったり、
    塊の一部が壊死(えし)して小さくなったとしています。

    一方、このマウスの受精卵から作ったES細胞(胚性幹細胞)では細胞塊に成長。
    詳しく解析すると、iPS細胞ではES細胞に比べ9種類の遺伝子が過剰に働いており、
    がん細胞で活発に働く遺伝子などが拒絶反応の原因になっているとみられる。
    関連記事

    [ 2011年05月14日 13:27 ] カテゴリ:医療関連 | TB(1) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    ガッテン:HSPが免疫力向上のもと。  iPS細胞でも拒絶反応が。 研究が却って進展する?
    私の夜更かしの証明。 昨晩NHKの5月11日の ためしてガッテンの 再放送がたまたま 目に入り最後まで 見てしまいました。 その後、PCに向かうん ですから、夜更かし ですよねえ。 で、ガッテンのテ...
    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク