FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  東日本大震災 >  三菱重工のメガフロート

    三菱重工のメガフロート



    福島第一原子力発電所で生じた放射能による汚染水を
    収容するために「メガフロート」(大型浮体式構造物)
    が15日早朝、横浜港を出発ました。

    今後は5月下旬に同原発に接岸し、比較的濃度が低い
    汚染水約1万トンを構造物の空洞部に貯蔵する予定です。

    静岡市が海洋公園の土台として使用していたものを東電
    に提供したものです。
    4月上旬から横浜港で補修作業を実施しており、新たに
    汚染水回収のための大型クレーンや配管などを新設している
    そうです。

    補修されていた場所は横浜市中区の三菱重工業横浜製作所本牧工場。
    もともと海釣り公園として活用していた静岡市清水区から、
    タグボートでえい航されてきました。
    三菱重工は東電の要請を受けて改造工事などで協力し、
    1万トン程度の汚染水にも耐えられるよう、配管の取り付けや
    防食塗装などが行なわれました。
    当初は今月後半には福島県沖に到着する見通しでしたが、
    半月ほど遅れたことになります。
    メガフロートのサイズは長さ136×幅46×高さ3メートル。
    関連記事

    [ 2011年05月15日 14:49 ] カテゴリ:東日本大震災 | TB(1) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    震災の悪質デマ-放射能汚染水が静岡市へ。日本の製造業弱体化
     福島第1原発事故で大きな問題となっている放射能で汚染された水について、東京電力が静岡市で海釣り公園として使われているメガフロート(大型浮体式海洋構造物)を、貯水先として準備し譲渡すると発表した...
    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク