記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  その他 >  嘘をつく人

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    嘘をつく人



    嘘にもいろいろあると思う。
    大きくは許せる嘘と許せない嘘。
    同じ嘘でも立場や身分、自分との関係などが影響し受け取り方は様々。

    ただし、会社など人生の大部分の時間を提供する場において、
    不快な嘘は迷惑極まりなく許されざる行為である。
    仮に嘘の世界に引き摺り込まれた場合、時間を食われ、
    精神的に疲れ、最終的には憎悪にまで変化する可能性は非常に大きいと
    思われる。

    以下、不快な嘘をつく人間の特徴。

    <病的なナルシストの一種>
    世の中には不誠実なことをしても良心の呵責が無く
    悪事を悪事と思わないらしい。

    特徴
    ・どんな町にも住んでいる、ごく普通の人。
    ・自分には欠点がないと思い込んでいる。
    ・異常に意志が強い。
    ・罪悪感や自責の念に耐えることを絶対的に拒否する。
    ・他者をスケープゴードにして、責任を転嫁する。
    ・体面や世間体のためには人並み以上に努力する。
    ・他人に善人だと思われることを強く望む。

    「平気で嘘をつく人たち」 M.スコットペック著 より


    <サイコパス>
    サイコパスは他者に愛着を持ち辛く、良心(不安感)に乏しく、
    加えて攻撃的(反社会的)な人物であるとされる。
    これは先天(器質)的な脳障害で、異常なほど強力な防衛機制
    (不安に対処する能力)が働くので不可抗力とされるが、
    後者の反社会性は後天的な要因であるため強化(矯正)可能と見ている。



    「嘘から出た真」という言葉がある。
    嘘を真実に変える行動力と実力がある人間が昔からいたのであろう。
    真に変えられない人間は嘘を嘘で上塗りして誤魔化そうとする。
    しかし、流石に周りの人間は気付く。
    だが、嘘をついた人は気付かれていることを知らず、さらに嘘をつく。
    周囲から見ると嘘の上塗りだけが露骨に伝わり、不快である。

    可哀想な面もあるが、相手にしないで距離を置くのが正解であると考える。
    関連記事

    [ 2011年01月19日 00:34 ] カテゴリ:その他 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。