FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  物理学 >  スティーブン・ホーキング博士の考え

    スティーブン・ホーキング博士の考え



    物理学者スティーブン・ホーキング博士(69)は、
    天国について 「暗闇が怖い人間のための架空の世界」と述べ、
    宗教の根幹を成す概念を改めて否定しました。

    ホーキング博士は21歳の時に筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断され、
    余命数年と告知されました。

    若いときから死と向き合ってきたホーキング博士は
    「わたしはこの49年間、死と隣り合わせに生きてきた。
    死を恐れてはいないが、 死に急いでもいない。
    やりたいことがまだたくさんあるからね」
    と正直に思いを述べています。

    人々はどのように生きるべきかとの問いに対し
    「自らの行動の価値を最大化するため努力すべき」と答えています。

    有名な著書として
    1988年の著書「ホーキング、宇宙を語る」
    2010年の著書「The Grand Design(原題)」
    があります。

    「The Grand Design」では
    「宇宙創造の理論において、もはや神の居場所はない」
    と宇宙の創造に神の力は必要ないとの主張を展開。
    宗教界からは批判を浴びているそうです。

    物理学における一連の進展により、そう確信するに至ったそうですが、
    証拠が出る前に、発表するのは学者としてはまずいのでは。
    と思います。

    それとも「自らの行動の価値を最大化するため努力」の一環なのでしょうか。
    関連記事

    [ 2011年05月17日 18:43 ] カテゴリ:物理学 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク