記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  物理学 >  グリーゼ581dが第二の地球候補に

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    グリーゼ581dが第二の地球候補に



    フランスの国立科学技術センターは、地球から20光年離れた
    太陽系外惑星に、地球型の生命が存在できる可能性があると
    発表しました。

    この惑星は、恒星の一種である赤色矮星グリーゼ581を公転
    するグリーゼ581dで質量は地球の7倍程度のようです。

    2007年に発見され、矮星までの距離が遠いという理由で
    温度が低すぎるので生命は存在しないとされていました。

    あくまで計算による結果ですが、二酸化炭素を含む大気が
    存在すれば、海、雲、雨が存在できる温度まで安定的に
    上昇するという結論に至ったそうです。

    矮星が出す赤い光が惑星の大気に邪魔されることなく地表
    まで透過し、温めることができるみたいです。

    関連記事

    [ 2011年05月18日 20:43 ] カテゴリ:物理学 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。