FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  東日本大震災 >  福島原発で再臨界とメルトスルー

    福島原発で再臨界とメルトスルー



    福島原発でメルトダウン後のメルトスルーが起きている可能性が
    高いようです。元東芝の原子炉設計者である後藤さんが示唆しています。

    メルトスルーとは核燃料が溶けて圧力容器に落ち、さらに格納容器に
    落ちて格納容器の壁を溶かして外部に出ているという状態です。
    要するに核燃料が裸の状態になっているということです。

    現状、1号炉では温度は100度以下になっていますが、メルトスルー
    が起きている場合は更なる不安が増えてきます。
    ・1号炉では大半の燃料が格納容器外に出ているので温度が低いという可能性。
    ・格納容器外部に出た燃料は水と一緒に地下水や海水に流れ続ける可能性。
    ・格納外部内で再臨界が起きる可能性。
    などが挙げられると思います。

    さらに3号炉では温度が上昇しているため再臨界の可能性もあると
    言及しています。
    現在はホウ酸の投入で温度は少し下がっているようですが、実際のところ
    温度を下げた要因を確かめる手段が無いような気がします。
    しかも、シュラウドが詰まり、水が燃料に届いていない可能性があるとか?

    手に負えない状況なのに管総理は「緊急的な安全措置がしっかりと講じられ
    たものは、安全性が確認されれば稼働を認めていく」と明言しています。

    やはり、理解不能。

    安全とは危険がなく安心なことをいいます。
    危険で制御不能になるものに対して安全性を確認するのは不可能です。
    関連記事

    [ 2011年05月19日 01:09 ] カテゴリ:東日本大震災 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク