FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  未分類 >  ホルクロルフェニュロンが原因

    ホルクロルフェニュロンが原因



    果実の肥大化を促進する薬剤についてで書いた記事ですが、
    中国のスイカ爆発事件に、4-クロルフェノキシ酢酸は関係ありませんでした。

    植物成長促進剤のホルクロルフェニュロンを散布したところ、その数日後に
    収穫期を迎えていたスイカが、次々と爆発したそうです。

    ホルクロルフェニュロンの使用は、中国では法的に認められているが、
    米国の場合はブドウとキウイフルーツ栽培に限定されています。

    スイカがはじける現象は、皮が薄い種において珍しいことではないそうです。
    しかし、中国での現象は、化学物質に著しく依存する中国農業と、
    これを黙認し続ける当局がもたらす問題の一例と映るだろう。
    と報じられています。

    関連記事

    [ 2011年05月19日 21:21 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク