記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  気になる人 >  高橋大輔 ボルト除去後のリハビリ計画について

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    高橋大輔 ボルト除去後のリハビリ計画について



    フィギュアスケート男子の前世界王者、高橋大輔さんが
    3年前の手術の際に右膝に埋め込んだボルト除去手術
    を京都市内の病院で受けました。
    1週間ほどで退院できるそうで、来季の競技への影響はありません。

    よかったですね。

    2008年10月に右膝前十字靱帯を断裂。
    手術を経て復帰しましたが、バンクーバー冬季五輪などへの出場を
    優先したので除去手術は先延ばしになっていました。
    今後は術後の経過を見ながら、医師とリハビリや練習再開の計画を
    立てます。

    ボルトがなくなれば、違和感が残ると思われます。
    一般的には右膝に少しずつ負荷をかけていき、徐々にならしていく
    ことになります。

    スケートを行なうまでには1ヶ月以上はかかると思います。
    激しいステップやジャンプなど、本格的な練習に入れるのは
    8月か9月になるでしょう。

    来季のシーズンが10月に始まりますが、順調にいってギリギリです。
    才能のある選手なので、あせらずに調整を行なっていけば問題ないと
    思います。

    来季の活躍を期待しています。
    関連記事

    [ 2011年05月20日 02:32 ] カテゴリ:気になる人 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。