FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  東日本大震災 >  後藤新平 帝都復興計画

    後藤新平 帝都復興計画



    1923(大正12)年9月1日土曜日、午前11時58分、相模湾北西部を震源とする
    M7.3の地震が発生し、東京をはじめとする南関東に大きな被害をもたらしました。

    東日本大震災の死者の数はまだ、明確になっていませんが、
    関西大震災と比較すると、死者の数は約10倍くらいになります。
    しかし、死傷者が増えた原因は火災によるものが大半だった
    ようです。
    資料によると約68,000人の死者が出ています。

    9月2日夜に
    ・遷都(せんと)すべからず
    ・復興費は30億円を要すべし
    ・欧米最新の都市計画を採用して、我国に相応しい新都を造営せざるべからず
    ・新都市計画実施の為めには、地主に対し断固たる態度を取らざるべからず
    の方針を打ち出しました。

    結局、復興費用は7分の1程度に削られ、志半ばで断念しましたが、
    現在残る昭和通りや靖国通りなどは後藤新平氏が打ち出した
    計画の一部です。

    後藤新平氏は大風呂敷などと言われましたが、スピードが早すぎてまわりが
    ついて行けなかったというのも事実です。

    現在に至っては、風呂敷を広げる人材すらいないのが残念です。



    後藤新平氏は亡くなられる直前に

    よく聞け、
    金を残して死ぬ者は下だ。
    仕事を残して死ぬ者は中だ。
    人を残して死ぬ者は上だ。
    よく覚えておけ

    という名言を残しています。
    関連記事

    [ 2011年05月22日 14:07 ] カテゴリ:東日本大震災 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク