FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  医療関連 >  Muse(ミューズ)細胞

    Muse(ミューズ)細胞



    東北大と京都大のチームが、さまざまな細胞になる能力を持つ
    人工多能性幹細胞(iPS細胞)の元になる細胞を突き止めたそうです。
    同チームが昨年発表した「Muse(ミューズ)細胞」と呼ばれる
    神経や筋肉などの細胞になる多能性幹細胞。
    iPS細胞は体の細胞に分化した細胞が受精卵のような状態に「初期化」
    したものと考えられていました。
    しかし、今回の研究成果は、初期化は起きず、異なる仕組みで作られるそうです。

    東北大の出沢真理教授(幹細胞生物学)らは、ヒトの皮膚の元になる細胞に1%ほど
    含まれるミューズ細胞を選び出し、ミューズ細胞の集合体と、ミューズ細胞を含まない
    細胞の集合体を作った。それぞれに山中伸弥・京都大教授が見つけたiPS細胞作成に
    用いる4種類の遺伝子を導入した結果、ミューズ細胞の一部はiPS細胞になったが、
    それ以外の細胞集合体からはできなかったとしています。

    作成したiPS細胞と元のミューズ細胞の遺伝子の特徴を比べると、さまざまな細胞
    になる多能性に関する遺伝子の働き方が類似。

    今回、ミューズ細胞から作ったiPS細胞をマウスに移植したところ、腫瘍ができた。
    一方、ミューズ細胞は他の多能性幹細胞よりがんができにくい点が長所とされており、
    チームは今後、有効性の検証を進めていく方針。

    山中教授の理論が覆されるという報道もありますが、新しいことが発見されるという
    のは喜ばしいことです。

    先日、山中教授はウルフ賞受賞の際に
    「iPS細胞技術は発展途上で、実用化に向けた課題もあるが、受賞は大きな励みになる」
    と話し、難病に有効な薬の開発、実用化を目指し研究を続けると述べています。

    最終目標である実用化までは、時間が必要だと思いますが、期待は大きいです。
    関連記事

    [ 2011年05月31日 04:36 ] カテゴリ:医療関連 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク