FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  工学 >  小惑星探査機「はやぶさ」がギネス認定

    小惑星探査機「はやぶさ」がギネス認定



    小惑星探査機「はやぶさ」が、
    「世界で初めて小惑星から物質を持ち帰った探査機」
    としてギネス世界記録に認定されました。
    おめでとうございます。

    地球帰還から1周年の13日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)
    からの発表でした。

    はやぶさは2003年に打ち上げられ、小惑星「イトカワ」に着陸して
    表面の微粒子を採取。
    様々な難局を乗り越え、往復7年という長い年月を経て、約60億
    キロメートルの旅をして帰還したという経緯があります。

    地球からはやぶさと通信するには40分程度時間を要するようです。
    如何に大変なことだったことでしょう。

    持ち帰った微粒子は日米などの研究機関が分析を進められ、地球を
    含む太陽系がどのようにできたのか、解明の手掛かりを与えてくれる
    と期待されています。

    はやぶさ2にも大いに期待したいです。
    関連記事

    [ 2011年06月13日 19:37 ] カテゴリ:工学 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク