FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  政治関連 >  FCLP移転候補地に鹿児島県西之表市  馬毛島

    FCLP移転候補地に鹿児島県西之表市  馬毛島



    防衛省は2日、在日米軍の空母艦載機離着陸訓練(FCLP)移転候補地として
    日米共同文書に明記された鹿児島県西之表市・馬毛島(まげしま)について、南西
    地域の防衛態勢充実に向けて同島に整備する自衛隊施設の概要やFCLPの飛行
    ルートなどを明らかにしました。

    6月21日に開かれた日米安全保障協議委員会(2プラス2)の日米共同文書では、
    同施設はFCLPを恒久的に実施するとともに、「南西地域における防衛態勢の充実
    の観点から、大規模災害を含めた各種事態に対処する際の活動を支援する」
    施設と明記されています。


    南北方向に滑走路を造成し、離島侵攻に対応した訓練場も設置。
    大災害や離島侵攻が起きた場合、全国の陸海空自衛隊が集結・展開する拠点とする。
    同省の試算では地元自治体への交付金は10年間で約250億円となる。


    自衛隊施設では、エアクッション型揚陸艇や輸送ヘリでの上陸のほか、空挺部隊の降下
    などの訓練を日常的に行う。
    陸海空自衛隊の拠点として活用し、支援物資などを備蓄する。
    自衛隊員が常駐し、宿舎を種子島に整備。米兵の宿舎は馬毛島内に整備する。
    ということを副大臣が首長に説明。

    FCLPの飛行ルートは、昼間より夜間の方が広くなるが、馬毛島の東約12キロにある
    種子島の騒音は新幹線の車内並みの70デシベル未満に抑えられるそうです。

    関連記事

    [ 2011年07月02日 23:34 ] カテゴリ:政治関連 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク