記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  その他 >  石膏デッサンについて

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    石膏デッサンについて



    デッサン(dessin=仏)

    日本に定着したのは明治中葉のころ。
    同意語として日本では「素描」、英語では「drawing」。
    デッサンは造形表現における基本的な技法の習練である。
    また、作品の下地や構想などの意味も持つ。

    明治9年以来、石膏デッサンは工部美術学校の基本教育と
    して教科に取り入れられた。
    現在でも基本教科として取り入れられている。

    理由は形態とは、頭の中でイメージするより、目の前に
    置かれた実物の方がより具体的で書きやすい。と言える。
    単純な幾何形態から複雑な形まであり、システムとして
    学ぶ場合は都合が良く。順序立てて表現力を高めることが
    できる。

    石膏像は白でできているので立体形状を理解するのに便利。
    光源の中に置かれたときに生じる陰影の変化が分かりやすく、
    観察が容易である。

    動かないので何度でも練習できる。

    ということができる。



    関連記事

    [ 2011年01月24日 22:36 ] カテゴリ:その他 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。