FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  医療関連 >  出生前診断で異常発見 中絶数が10年間で倍増

    出生前診断で異常発見 中絶数が10年間で倍増



    胎児の染色体異常などを調べる「出生前診断」。

    胎児の異常を診断された後、人工妊娠中絶したと推定されるケースが
    前の10年間に比べ倍増しているそうです。
    (日本産婦人科医会の調査)

    近年、妊婦健診の際に行われるエコー検査では、中絶が可能な妊娠初期
    でも異常がわかるのが大きな要因のようです。
    夫婦にとっては重大な選択です。

    賛否が分かれるところだと思います。
    非常にデリケートな問題であることは間違いないのです。

    子供を責任を持って育て、養っていくの両親ですので
    出産と中絶を判断するのは親に委ねる他はないでしょう。

    染色体異常の一つであるダウン症や、胎児のおなかや胸に水がたまる胎児水腫など
    を理由に中絶したと推定されるのは、
    2000~09年に1万1706件。
    1990~99年(5381件)
    と比べると2・2倍に増えています。

    上記のデータからは中絶を選択した親が増えていることになります。
    世の中はバリヤフリーを全面に出し、障害者にやさしい社会を作る
    という流れがありますが、権利を主張するのは障害者の親や関係者
    である場合が大半であるのも現実です。

    権利を主張する前に、義務を果たせるのか?
    という点においては、正直なところ未知数ですので、親としては
    将来を不安に感じる気持ちはよく分かります。

    しかし、人工妊娠中絶について定めた母体保護法は、
    中絶が可能な条件に「胎児の異常」は認めていません。
    ですが、
    「母体の健康を害する恐れがある」との中絶を認める条件に当たる
    と拡大解釈されているのが実情のようです。

    ある教授は「ダウン症など染色体異常の増加は妊婦の高年齢化も一因だ」と話します。


    玉井邦夫・日本ダウン症協会理事長の話では
    「個々の選択がどうだったかわからないが、エコー検査が、ダウン症児は
    生まれてこない方が良いという判断を助長していると考えられる」

    上記の理事長の発言からは、エコー検査については否定気味です。

    「命」を中心に考えるか、「親(個人)」を中心に考えるかでまったく逆転した
    考え方になると思います。

    生まれてくる子供と親の双方が幸せになれる選択を行なうと言う点が
    重要だと思います。
    健康児でも育児放棄等で苦しんでいる親と子供がいるのも現実です。
    残念ながら経済状況、家庭環境などが影響しますので、全ての親が障害児
    を受け入れるのは困難だと思います。


    胎児の染色体や遺伝子の異常を調べる検査としては、
    エコー検査
    ダウン症など染色体異常を調べる羊水検査、絨毛検査、
    妊婦への血液検査で胎児に異常のある確率を割り出す母体血清マーカーなどがあるそうです。


    関連記事

    [ 2011年07月22日 21:02 ] カテゴリ:医療関連 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク