FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  セキュリティ >  バックトレースセキュリティ アシュラ氏 

    バックトレースセキュリティ アシュラ氏 



    2011年8月6日、ラスベガス。
    世界最大のハッカーの祭典「デフコン」に1万人以上が
    集まりました。
    今年の祭典では、匿名ハッカー集団「アノニマス」が避難の的
    になりました。

    ネット上のハンドル名「アシュラ」を名乗る女性と、ともに
    バックトレースセキュリティの一員である男性が壇上で
    語り始めました。

    「アノニマスは、始まった時はいいアイデアだった。でも今は、
     暴力的に転落するばかりだ。」

    「瞬く間に道を踏み外し、今後も悪化し続ける。それを頓挫させようと、
     我々は取り組んでいる。」

    アシュラ氏はアノニマスやラルズセックの一員らの身元特定を進め、
    連邦捜査局(FBI)などに突き出しているそうです。

    アシュラ氏らは元アノニマスの一員だったが、現在、アノニマスを
    「ネット上で憎悪を広げるだけの仕組み」と位置付け、摘発側で
    活動を行なっています。

    アシュラ氏自身は新興宗教サイエントロジーにサイバー攻撃
    行なったという過去があります。


    摘発を行うために情報収集を行なう手法の一例として、
    ・ネット上の動画チャットに誘い、違法な悪ふざけについて
     語らせ、顔写真を保存。
    ・振り込め詐欺のような手口で、心理の隙や行動のミスに
     つけ込んで情報を入手。
    が挙げられています。

    祭典会場からは拍手喝采であったが、少数の仮面をかぶった男達
    からヤジが飛ぶ場面もあったといいます。

    関連記事

    [ 2011年08月16日 18:28 ] カテゴリ:セキュリティ | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク