FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  東日本大震災 >  スペイン皇太子賞にフクシマの英雄

    スペイン皇太子賞にフクシマの英雄



    スペインのアストゥリアス皇太子財団は、人類の発展への貢献をたたえる
    2011年のアストゥリアス皇太子賞の平和部門に、東日本大震災に伴う
    福島第1原発事故後の対応に従事した作業員ら「フクシマの英雄たち」
    が選ばれました。

    スペインのオビエドで10月21日、授賞式が催され、賞金は5万ユーロ(約540万円)。
    審査委員会は事故対応への従事者として、東京電力作業員のほか、東京など国内各地から
    派遣された消防隊員、自衛隊員を挙げ、
    「彼らの勇気と模範的行動は、国際社会で英雄と呼ばれるにふさわしい」と称賛。
    さらに「これらの人々の行動は、使命感、逆境に際しての自己犠牲、寛容、
    勇気といった日本社会に深く根付いた価値を体現したものだ」とたたえています。

    自衛隊も国際的な評価を受けれたという点は素晴らしいですね。
    おめでとうございます。

    アストゥリアス皇太子賞と言えば、
    1999年に
    向井千秋さん
     女性初の宇宙飛行士として有名。

    2008年に
    飯島澄男氏
     カーボンナノチューブの発見(1991年)と電子顕微鏡による構造決定の仕事にて、
     世界的に有名になり、金の原子がアメーバのように動く金超微粒子の“構造ゆらぎ”
     現象を発見(1984年)。ノーベル化学賞・物理学賞の有力候補とされる。
    中村修二氏
     青色発光ダイオードや青紫色半導体レーザーの製造方法などの発明・開発者でおなじみ。

    が個人で受賞しています。

    関連記事

    [ 2011年09月07日 22:51 ] カテゴリ:東日本大震災 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク