FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  数学 >  Fields賞

    Fields賞



    John Charles Fields(カナダ:数学者)の提唱により1936年に作られた。
    ノーベル賞に数学賞が無かったことが発端。

    現在では数学のノーベル賞と言われている。
    しかし、ノーベル賞とは異なり、
    ・4年に1度
    ・40歳以下
    ・4名まで
    という制限があり、受賞者は若年層が多いのが特徴である。

    日本人受賞者は3名である。
    1954年
     小平邦彦 (Kunihiko Kodaira, 1916年 - 1997年)
    1970年
     広中平祐 (Heisuke Hironaka, 1931年 - ) 日本
    1990年
     森重文 (Shigefumi Mori, 1951年 - ) 日本


    国別で見ると以下のような結果である。
    1.アメリカ合衆国:13名
    2.フランス:11名
    3.ロシア(ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦を含む):9名
    4.イギリス:6名
    5.日本:3名
    6.ベルギー:2名
    7.フィンランド/ノルウェー/スウェーデン/イタリア/イスラエル/
      ドイツ/ニュージーランド/オーストラリア/ベトナム :1名

    2010年にベトナムが受賞しているのが興味深い。
    ゴ・バオ・チャウさんは数学オリンピックの金メダリストで
    フランスに留学している。

    歴代のフィールズ賞受賞者の国籍を眺めてみるとフランスがバランスよく
    受賞しているのが分かる。
    関連記事

    [ 2011年01月29日 17:50 ] カテゴリ:数学 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク