FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  気になる人 >  井川意高 大王製紙会長

    井川意高 大王製紙会長



    創業者の孫である井川意高代表取締役会長(47)が連結子会社から、
    総額約80億円を借り入れていたそうです。
    使途について「今は言えない」という。
    とりあえず、本日付で辞任しました。

    佐光正義社長は記者会見で
    「個人にこれだけ多額の貸し付けは問題だ。調査で背任など刑事責任が出てくれば、
    しかるべき手続きを取る」としています。

    大王製紙は生産量基準で日本国内では国内第4位。
    紙パルプ関連の連結売上高を基準とすると世界で第20位。国内では第5位。

    主力製品は
    「エリエール」 - ティシューペーパー・トイレットティシュー
    「GOO.N」 - ベビー用紙おむつ(フレンドの後継)
    「エリス」 - 生理用ナプキン
    「テークケア」・「アテント」 - 大人用紙おむつ
    です。有名どころが多いので驚きました。


    80億も個人で借入れした理由がとても気になります。

    10/17
    東京地検が本格的に着手することになりました。
    理由はギャンブルに注ぎ込んだのは間違いとか。

    ギャンブルにどうすれば84億円も突っ込めるのか。
    1枚のチップが1000ドル(約8万円)もするラスベガスや
    マカオのカジノVIPルームで、井川氏のように1000枚、
    2000枚と賭ける遊び方だと、「買って1億、負けて1億」
    の世界である。累計で84億円をスッても、おかしくないそうです。

    10/25
    マカオに複数回渡航し、カジノのギャンブルで少なくとも20億円を
    使っていたことが20日、関係者の話で分かった。遊興費の原資の
    大半は子会社からの借入金とみられる。

     東京地検特捜部は、カジノでの遊興を仲介していた業者が、借入金の
    支出先の詳細を知っていると判断。この業者を週内にも聴取し、前会長
    が海外で使った資金の解明を目指す。

     仲介業者は客から現金を預かり、渡航チケットや宿泊先を手配。現地
    ではカジノで使う資金の立て替えなどを行う。関係者によると、前会長
    は数年前からマカオに渡航する際に、仲介業者に依頼。これまで5億円
    を4回にわたり入金し、ほとんどを使い果たしたこともあったという。
    関連記事

    [ 2011年09月16日 23:41 ] カテゴリ:気になる人 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク