FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  工学 >  ニュートリノの速度

    ニュートリノの速度



    世紀の大発見になるかもしれません。

    「ニュートリノ」の名はβ崩壊の研究を進めたエンリコ・フェルミが名づけました。

    名古屋大の小松雅宏准教授は「衝撃的な結果だが、実験チームとしてはデータの検証
    を尽くした上での数値だ。どういう解釈が可能なのか、理論研究者への問題提起となる
    だろう」としている。

    欧州合同原子核研究所(CERN、ジュネーブ)は23日、
    素粒子ニュートリノを光速より速く移動させる実験に成功したと発表した。
    事実なら、「光より速い物質は存在しない」としたアインシュタインの
    特殊相対性理論(1905年)を覆す物理学上の「大発見」となる可能性
    があるという。

    発表によると、日本の名古屋大、神戸大や欧州、中国などの研究者約160人
    が参加する「国際研究実験OPERA」のチームが、CERNからニュートリノ
    1万6000個を、約730キロ離れたイタリアのグランサッソ国立研究所に
    地下を通して飛ばしたところ、2.43ミリ秒後に到着し、光速より60ナノ
    (ナノは10億分の1)秒速いことが計測された。
    ニュートリノの速度は毎秒30万6キロで、光速より毎秒6キロ速いことになります。

    両研究所の距離を精密に測った上で、衛星利用測位システム(GPS)を利用して
    両研究所の時計をナノ秒(ナノは10億分の1)の精度で合わせ、発射時と到着時を測定。
    3年間の実験で蓄積した約1万6千回のデータから速度を計算したそうです。
    実験を繰り返し、誤差を計算に入れても同じ結果が得られたといいます。
    チームも「説明がつかない」と首をかしげており、実験データを公表して、
    世界中の研究者に意見と検証を求める方向です。

    チームによると、2007年に米国の同様の実験で似た結果が発表されたが、
    データの誤差が大きく注目されなかったそうです。

    2007年に米フェルミ国立加速器研究所(Fermilab)で同様の実験に参加した
    英オックスフォード大(Oxford University)のアルフォンス・ウィーバー
    (Alfons Weber)教授(素粒子物理学)は、光速より速いニュートリノが
    現行の理論と相容れないことを認めた上で、測定誤差の可能性を指摘し、
    同様の実験を行って結果を検証する必要性を説いた。
    フェルミで行われた実験では、やはりニュートリノの速度が光速を
    やや上回っていたが、結果は測定誤差の範囲内だったという。


    ニュートリノは、太陽などの恒星が核融合を起こす時の副産物とされています。
    電気的に中性な粒子で、極めて小さく、質量を持つことが発見されたのはごく
    最近。大量に存在しているが検出は難しいことから「幽霊素粒子」とも呼ばれる。
    アインシュタインの特殊相対性理論に沿えば、物質は真空では光より速く移動
    することができない。

    現段階では、説明ができない状況のようですが、興味深い観測結果です。

    もしかすると、通信も光通信からニュートリノ通信へ進化するかもしれませんね。
    今回の結果が正しいと証明された場合は、タイムマシンで過去へ遡ることも
    可能になるかもしれません。

    スーパーカミオカンデ実験を率いる東大の鈴木洋一郎教授は
    「別の機関による検証実験で、結果の正しさを確かめることが大事だ」
    と慎重な姿勢です。

    鈴木氏は、昭和62年に小柴昌俊氏がニュートリノを検出した実験で、
    超新星爆発で出た光とニュートリノがほぼ同時に観測されたことを指摘。
    「両者の速度に今回のような違いがあるとすると、ニュートリノは
    光よりも1年は早く地球に到達していなければおかしいことになる」と語る。



    関連記事

    [ 2011年09月23日 23:04 ] カテゴリ:工学 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク