FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  東日本大震災 >  炉心損傷確率の根拠は?

    炉心損傷確率の根拠は?



    10月17日、東京電力は福島第一原子力発電所1~3号機で
    再び炉心が損傷する確率(炉心損傷確率)は、約5000年に
    1回とする試算結果をまとめ、経済産業省原子力安全・保安院に
    報告しました。

    事故前の試算では1000万年に1回。
    2000倍も高くなったことになる。
    保安院は、試算の内容を検証し、安定化の目標である「冷温停止状態」
    を維持するための施設運営に生かすという。

    炉心損傷確率の計算は、原子炉の注水系統の故障、外部電源の喪失、
    大津波など7項目を想定。
    それぞれの原因で、1~3号機の一つに約20時間にわたる注水の中断が起き、
    炉心損傷が起きる1200度に達する確率を合計した。

    項目ごとの確率では、大津波による炉心損傷が8000年に1回と最も高く、
    次いで、注水系統の故障による炉心損傷が1万1000年に1回だったそうです。

    計算結果の根拠は、おそらく確率論的安全評価(PSA)によるものと思われる。
    原子力施設の設計の改善や事故対応に役立てるため、個々の設備・機器類の故障率などから、
    起こりうる事故のリスクを確率で予測する手法。
    米国では全原子力施設をPSAで評価することが義務付けられている。

    関連記事

    [ 2011年10月17日 20:41 ] カテゴリ:東日本大震災 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク