FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  その他 >  Jパワー磯子火力発電所で火災

    Jパワー磯子火力発電所で火災



    24日午後10時5分ごろ、横浜市磯子区新磯子町、
    Jパワー(電源開発)磯子火力発電所で
    「ベルトコンベヤーから煙が出た」と119番があった。
    現場はJR根岸線磯子駅から約1.5キロ東の根岸湾に面した工業地帯。

    横浜市消防局によると、消防車約30台が出動し消火活動
    に当たっていたが、2時間後の25日午前0時5分ごろ、
    発電に使う石炭の貯蔵施設(サイロ)で爆発があり、炎上した。
    けが人の情報はないという。
    消防艇やヘリ、車両約30台が出動し、消火活動を行っている。
    4つある保管施設のうち、Cサイロと呼ばれる場所。
    原因は、何らかの原因でベルトコンベヤーから出火し、
    中の石炭に燃え移ったということ。


    Jパワーによると、同発電所は発電機が2基あり、
    それぞれ最大出力60万キロワット稼働していたが、
    火災の影響で石炭の供給が滞ったため、徐々に出力を落とし、
    25日未明に一時停止させる方針。石炭は4カ所の貯蔵施設に
    約5万トンが保管され、1日最大1万トンを使用していた。

    市消防局や磯子署は、貯蔵施設から隣接する発電施設などに
    石炭を運ぶベルトコンベヤーが、何らかの理由で引火したとみて
    出火原因を調べる。

    火災の影響で、石炭の供給が難しいことから、同日午前4時すぎまでに、
    1、2号機(最大出力合計120万キロ・ワット)の出力をゼロにするという。
     
    所内には20人ほどの社員がいたが、いずれも無事が確認されている。
    関連記事

    [ 2011年11月25日 03:58 ] カテゴリ:その他 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク