FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  医療関連 >  臨床心理士が国家資格

    臨床心理士が国家資格



    日本臨床心理士資格認定協会の設立とともに日本における臨床心理士の
    資格審査・資格認定が開始され、免許番号第1号が誕生したのは1988年。
    以来、20,000名以上が臨床心理士として認定されているという。

    臨床心理士を目指す方はこちらから大学を探せます。

    臨床心理士は、臨床心理学を学問的基盤とし、相談依頼者が抱える種々の
    精神疾患や心身症、精神心理的問題・不適応行動などの援助・改善・予防・研究、
    あるいは人々の精神的健康の回復・保持・増進・教育への寄与を職務内容とする
    心理職専門家とされる。

    心の病を抱える人へのカウンセリングなどを行う民間資格「臨床心理士」
    を国家資格とする方向で調整に入った。
    人材を確保し専門性や能力の向上を図る狙い。
    「心理師」などへの名称変更も検討する。
    関連法案を来年の通常国会に議員立法で共同提出、成立させたい考え。

    うつ病や自殺の増加などにより、心理療法のニーズが高まっているのが背景。
    国家資格として地位を安定させれば、志望者が増え、能力も向上するとの判断がある。

    2005年にも同様の法案が検討されたものの、精神科の開業医から競合の懸念
    が示されるなどしたため提出に至らなかった経緯がある。
    関連記事

    [ 2011年12月26日 07:04 ] カテゴリ:医療関連 | TB(0) | CM(1)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。
    [ 2012/01/20 10:01 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク