FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  教育関連 >  市立西宮高校サッカー部

    市立西宮高校サッカー部



    市立西宮高校 偏差値
    普通科 62
    グローバルサイエンス科 67

    阪神甲子園球場で行われる全国高等学校野球選手権大会開会式の
    入場行進で、2年生の女子生徒が代表校のプラカードを持つことで有名。

    という進学校のサッカー部が全国大会ベスト8まで勝ち進んでいます。
    クラスメートには東京大学や京都大学を目指す人もおり、サッカー部
    の生徒は、サッカーと勉強の「文部両道」を高いレベルで実践している
    という。

    「チームの目標は全国大会出場と、現役で国公立大学進学。勉強と
    サッカーの両立については、どのチームよりもおれたちの方が上や
    という気持ちがある分、負けられへんという覚悟でここに来ました」。
    と、監督は言います。

    練習は最大で2時間半。限られた時間を効率よく生かすため、
    選手たちは勉強だけでなく、サッカーも集中してやらなければ
    いけない環境でトレーニングを積んでいたそうです。

    キャプテンの帷(かたびら)選手は、
    「サッカーをすると疲れるので、勉強をする気がなくなるんですけど、
    自分に負けないように勉強もしっかりやっています」

    グローバルサイエンス科に通うボランチの難波選手は、
    「勉強とサッカーを両立すると時間が限られるので、集中してやらない
    とやっていけません。それもあって、自然と集中することが身についた
    んだと思います」
    と言います。

    大路監督はメンバーを決める際に、サッカーの技量が同じであれば、
    成績の良い方を選ぶという。
    「勉強を頑張れないやつは、サッカーも頑張れないというのがわたしの持論です。
    現にレギュラーの子は勉強もよくしますし、それがあるからここまで頑張ってこられました」

    効率と質を高め、最良の結果を得るために努力する。
    目標を優勝に置き換えて準々決勝に挑むそうです。
    関連記事

    [ 2012年01月03日 23:49 ] カテゴリ:教育関連 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク