FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  生物 >  特定外来種 コクチバス

    特定外来種 コクチバス



    コクチバス(小口バス)は、スモールマウスバスとも言われ、
    オオクチバス(大口バス)と共にブラックバスと呼ばれています。

    コクチバス

    成魚は全長30-50cmほど。オオクチバスと比較して口が小さく、
    上顎の後端は目より後ろには達せず、コクチバスの方が体高が高く鱗が細かい。
    側線上部鱗数はオオクチバスが8なのに対し、コクチバスは11-13。

    外来生物法による特定外来生物に指定されており、無許可の生きたままの
    飼養・保管・運搬・輸入が一切禁止されています。
    沖縄を除く都道府県の内水面漁業調整規則で移植が禁止されているほか、
    琵琶湖などでは再放流が規制されているので注意が必要である。
    中禅寺湖や本栖湖では、延縄や刺網を用いて駆除が行われている。
    野尻湖や桧原湖は密放流が問題となっているが、コクチバスをバスフィッシング
    の対象魚として観光資源にもしている。

    特定外来生物について、販売・頒布目的での飼養、不正な飼養、許可のない輸入や販売、
    野外へ放つなどの行為に対しては、個人には3年以下の懲役や300万円以下の罰金、
    法人には1億円以下の罰金が科される。
    また、特定外来生物について販売・頒布以外の目的での飼養、未判定外来生物について
    通知なしの輸入に対しては、個人には1年以下の懲役や100万円以下の罰金、法人には
    5000万円以下の罰金が科される。
    関連記事

    [ 2012年01月09日 01:17 ] カテゴリ:生物 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク