FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  医療関連 >  ベクタリス(フランス)

    ベクタリス(フランス)



    京都大学の山中伸弥教授らが開発したiPS細胞の
    特許管理会社「iPSアカデミアジャパン」は、
    フランスの民間企業「ベクタリス」(vectalys)とiPS細胞の特許使用を認める
    契約を結んだと発表。

    アカデミア社は国内外で約40機関と契約しているが、
    昨夏に欧米で特許が成立してからは初めて。

    ベクタリス社は製薬企業などを対象に、細胞への遺伝子導入に使うウイルス
    のベクター(運び役)などを開発・販売している。
    今後、自社技術と組み合わせて効率的にiPS細胞を作製できるベクターを
    開発し、研究用に販売する予定。

    (時事プレスから転載)
    Japan iPS Techs Licensed to French Firm

    Kyoto, Jan. 10 (Jiji Press)--A Kyoto intellectual property management firm said Tuesday it has reached an agreement with France's Vectalys SAS to grant a nonexclusive license to basic patents for induced pluripotent stem cell technologies.
    According to iPS Academia Japan Inc., Vectalys is the seventh overseas company to reach a licensing agreement on patents for iPS cells developed by Shinya Yamanaka, professor at Kyoto University.
    The deal is the first since the technologies were patented in Europe and the United States in 2011.
    Yamanaka and his colleagues were the first to create iPS cells, which are made by introducing genes to skin cells and others.
    The agreement will allow the French bioventure firm to combine iPS technologies with its own viral vector technologies to make and sell research kits to make iPS cells and offer related services, according to iPS Academia.
    関連記事

    [ 2012年01月10日 20:27 ] カテゴリ:医療関連 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク