FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  医療関連 >  アルマールとアマリール 改名へ

    アルマールとアマリール 改名へ



    血圧を下げる薬の「アルマール」。
    成分(一般名) : アロチノロール塩酸塩

    血糖値を下げる薬の「アマリール」。
    成分(一般名) : グリメピリド

    販売名が似ているため、医師や薬剤師が薬を取り違える事故が後を絶たないとして、
    アルマールを製造販売する大日本住友製薬は、名称の変更を厚生労働省に申請した。
    早ければ6月に新しい名称で売り出される。

    アルマールは1985年から、アマリールはフランスの製薬会社の
    日本法人サノフィ・アベンティスが2000年から販売している。
    医師が処方する薬をコンピューターに入力する際に誤ったり、薬剤師が処方箋を読み違えたりして、
    患者に誤って処方された例が報告されている。

    大日本住友製薬によると、把握しているだけでこれまでにのべ15人分。
    5人に健康被害があり、うち1人は低血糖や意識障害を起こして死亡した。
    5人はいずれもアルマールを処方されるはずが、誤ってアマリールを渡されていた。

    その他、
    セフゾンとセパゾン
    ワイパックスとレルパックス
    ソラナックスとソランタール
    アモバンとアモリン
    テオドールとテグレトール
    などがあるそうです。

    薬は飲む前に調べる必要がありそうです。






    関連記事

    [ 2012年01月12日 21:15 ] カテゴリ:医療関連 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク