記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  気になる人 >  田中慎弥さんの「共喰い」 芥川賞

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    田中慎弥さんの「共喰い」 芥川賞



    田中慎弥さん(39)が芥川賞を受賞しました。
    記者会見では、選考委員は石原慎太郎、小川洋子、川上弘美、黒井千次、島田雅彦、高樹のぶ子、
    宮本輝、村上龍、山田詠美の9名なのに、やけに石原都知事に対して敵対心を出していました。

    記者会見の動画

    田中さんは高校卒業後、作家活動を開始。
    2005年に「冷たい水の羊」で新潮新人賞を受けデビューし、
    今回が5度目の候補。
    山口県下関市出身。山口県立下関中央工業高等学校卒業。


    共喰い

    受賞作「共喰い」は、閉鎖的な地方都市で暮らす17歳の青年が主人公。
    女性に暴力をふるう父親との確執、土地と血の呪縛などを生々しい筆致
    で描き「文章の密度が高く、世界や人物をきっちり描いている」と評価され
    ました。








    関連記事

    [ 2012年01月18日 00:43 ] カテゴリ:気になる人 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。