記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  東日本大震災 >  特殊な建材でピラミッド状の中に密封

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    特殊な建材でピラミッド状の中に密封



    放射性物質で汚染された土砂や廃棄物を、特殊な建材を組み立てた
    ピラミッド状の囲いの中に密封して保管する技術の開発に、
    北九州市立大の伊藤洋(よう)教授(55)(放射性廃棄物工学)
    らの研究チームが成功した。

    福島県内での実験では放射線量が密封前の約40分の1まで低下しており、
    近く普及に乗り出す。

    汚染土をコンクリートで覆ったり、地中保管したりして封じ込めるのに比べ、
    短期間で簡単に組み立てられ、環境汚染の心配がないのが特徴。
    伊藤教授が日鉄環境エンジニアリング(東京)、旭化成ジオテック(同)と共同で開発した。

    米軍が開発した高密度のポリエチレン製の籠状の建材をピラミッド状に何層も積み上げ、
    その中に汚染土を入れる。
    放射性物質を吸着する粉末剤を混ぜた土の層で上下を覆い、放射性物質が外に漏れないようにする。

     昨年12月に福島県西郷村で始まった実証実験では、土砂からは1時間当たり
    最大14・6マイクロ・シーベルトの放射線量が計測されていたが、密封後は
    0・4マイクロ・シーベルトまで低下したという。
    関連記事

    [ 2012年02月24日 00:14 ] カテゴリ:東日本大震災 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。