記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  医療関連 >  抗肥満薬「キューネクサ」 年間平均10%の減量

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    抗肥満薬「キューネクサ」 年間平均10%の減量



    抗肥満薬「キューネクサ(Qnexa)」が4月に承認される見通です。
    米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会が22日、承認を求める勧告を
    賛成多数で可決。

    キューネクサは、日本でも承認されている食欲抑制薬と抗てんかん薬を
    混ぜ合わせたカプセル剤。
    申請をしていた製薬会社によると、肥満の人を対象にした臨床試験では
    1年間で平均10%の減量効果が認められた。

    2010年には、心臓へのリスクなど副作用に関するデータ不足から
    承認勧告が一度否決されていた。製薬会社では、将来は米国外での展開
    を視野に入れているが、今のところ日本で承認を目指す動きはないという。

    理由は、心臓へのリスクは完全に回避されている訳ではなく、
    それよりももっと、病的に太った人がいるアメリカの現状の中で
    キューネクサの心臓へのリスク以上に、肥満が健康に及ぼすリスクのほうが高いと
    された場合に、処方される。という国柄の事情があるようです。

    当然ながら、先天的欠損症の子供が生まれるリスクも生じるので
    妊娠中の女性には処方されない。

    ということから、日本での承認はないでしょう。






    関連記事

    [ 2012年02月25日 17:20 ] カテゴリ:医療関連 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。