記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  企業 >  長野県 AIJの被害

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    長野県 AIJの被害



    長野県内に事務所を置き、同社に運用を委託した厚生年金基金に動揺が広がっている。
    県内に事務所がある10厚年基金のうち、少なくとも5基金が運用を委託し、
    年金資産の3割余を託した基金もあることが信濃毎日新聞の取材で判明。

    県内の民間病院など52事業所でつくる県病院厚年基金(松本市)の場合。
    2005年から始め、現在も続く。
    10年度末段階で年金資産約190億円のうち2割弱に当たる約36億円を委託。
    運用成績が他の運用機関と比べ「圧倒的に良い」のが魅力だったという。

    機械メーカーなどでつくる県機械工業厚年基金(松本市)の場合。
    10年度から、運用実績の良さを見て同社への運用委託を始める。
    現在、年金資産の6%ほどに当たる約10億円を委託。

    県建設業厚年基金(長野市)の場合。
    同基金の加入事業所向け資料によると、10年度末段階で188億円の年金資産
    の34%に当たる64億円を委託。
    同年度は全体の運用成績がマイナス2・94%だったが、AIJへの委託分だけは
    プラス7・98%と飛び抜けて高い収益率を達成している。
    同基金事務局は現在のAIJとの関わりなど取材に対し、「一切答えられない」としている。

    県内の他の厚年基金では、長野山梨石油(長野市)と甲信越印刷工業(同)の
    2基金が同社への運用委託があると説明。
    県トラック事業(同)と県自動車整備(同)の2基金は同社への運用委託は無いとした。
    北信越管工事業(同)、県卸商業団地(同)、県食品(松本市)の3基金はこの日、
    「担当者が不在で答えられない」となっている。
    関連記事

    [ 2012年02月25日 21:34 ] カテゴリ:企業 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。