FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  医療関連 >  ジャパンワクチン GSKと第一三共の合弁会社

    ジャパンワクチン GSKと第一三共の合弁会社



    第一三共と英グラクソ・スミスクライン(GSK)が、日本でワクチンの開発、
    販売を手掛ける合弁会社「ジャパンワクチン」を設立すると発表。

    GSKはリレンザで有名です。

    ワクチン後進国と言われる日本では、ビジネス機会が増加するとみられており、
    豊富な製品、パイプラインを有するGSKと提携することで、国内に必要と
    されるワクチンの導入を図り、事業の拡大につなげる。

    新会社の資本金は1億円で、両社が折半出資。
    7月2日に事業を開始。
    両社が保有するワクチンの開発権と販売権を継承。
    日本における両社のワクチン事業の後期臨床開発、マーケティング、営業を集約。
    予防ワクチンに特化した会社として、まずは、すでに販売している製品や、
    現在開発中のワクチンを取り扱う。
    従業員は約200人で、このうち、営業を担当するMRは約120人。

    第一三共の中山譲治社長は会見で
    「日本に入れなければならないワクチンはたくさんある」
    として、日本でのワクチン事業でナンバーワンを目指す考えを示した。
    新会社が海外展開する可能性については
    「今その計画はないが、夢はいろいろとある」と述べるにとどめた。
    売上高など具体的な計画は、現在策定中として、明らかにしなかった。

    第一三共の2010年度のワクチン売上高は178億円、12品目を販売している。
    北里研究所(東京都港区)と第一三共との合弁、北里第一三共ワクチンは、
    生産に力を入れる関係会社として存続する。
    また、サノフィと提携して「ヒブワクチン」を扱っているが、
    この提携は「今後も継続する」。

    グラクソ・スミスクラインは、予防ワクチンと治療ワクチンの分野で30品目以上の
    ワクチンを販売する世界シェア1位の企業。
    2011年の世界売上高3兆2864億円のうち、ワクチン売上高は4196億円。
    日本におけるワクチンビジネスは、世界のワクチン売上高の10%程度となっている。

    日本は他の先進国に比べてワクチンが広がっていない。
    ただ、予防医療に重点を置く観点から、ワクチンへの注目が高まっており、
    武田薬品工業なども力を入れて取り組む方針を示している。
    関連記事

    [ 2012年03月03日 05:10 ] カテゴリ:医療関連 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク