記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  医療関連 >  膵臓がんペプチドワクチン療法

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    膵臓がんペプチドワクチン療法



    ペプチドによって刺激を受けたキラーT細胞が活性化し、さらに増殖して
    がん細胞を攻撃する。この性質を使って「がん」を排除(退縮)させよう
    とする治療法を「がんワクチン療法」といい、「ペプチド」を薬剤として
    使用する治療法を「がんペプチドワクチン療法」と呼びます。

    がんの新しい治療方法として期待が高まる「がんペプチドワクチン」について、
    膵(すい)がんに対する最終段階(第2・3相)の臨床試験(治験)が行われ、
    有効性が確認できなかったとの結果が出た。治験を主導した創薬ベンチャー、
    オンコセラピー・サイエンス(川崎市、角田卓也社長)が先月28日、発表した。
    世界初の可能性を持つ医薬品の誕生が期待されたが、治療効果を科学的データで
    裏付ける難しさが浮き彫りになった。同社は今後、新しいワクチンの開発にシフトし、
    近く膵がんに対する別の治験(第3相)を開始する。

     オンコ社によると、今回の治験は平成21年1月から昨年12月にかけて、
    全国25の医療機関で実施。進行した膵がん患者計153人を、(1)同ワクチン
    と抗がん剤の組み合わせ(2)抗がん剤単独-の2グループに分けて投与。
    延命効果の差を調べたが、集積されたデータからは両グループに顕著な差は見られなかった。

     膵がんは発見から1年後の生存率は3割弱で、人口動態調査によると、
    22年の膵がんによる死者は約2万8千人に上る。

     有効な治療薬が他のがんに比べ少ないため、治験の結果に期待が集まっていた。

     角田社長は「結果は残念だが、引き続き日本発のがん治療薬を目指して努力したい」
    と話しており、同社は膵がんに対する別の治験(第3相)を始める。

     今回結果が見られなかった治験が、がんの周囲の血管細胞を標的にしたワクチンを
    使用したのに対し、次の治験ではゲノム(全遺伝情報)解析によって作られた、
    がん細胞を直接たたくワクチンを含めて投与する。

     この新しいワクチンの治験は抗がん剤が効かなかった膵がん患者を対象に、
    和歌山県立医科大をはじめとする全国40の医療機関で実施する。

     治験に先立つ臨床研究を23年までの3年間実施した千葉徳洲会病院の
    浅原新吾副院長によると、「約30人にワクチンを投与して、かなりの延命効果がみられた」
    という。

     一方、がんペプチドワクチンを使用した治験は、食道、胆道、膀胱、胃の各がんを
    対象に実施しており、和歌山県立医科大ではさらに、手術後の膵がん患者を対象
    とした治験も行われる予定。

     がんペプチドワクチンの治療薬は、承認されれば世界初となる見通しだ。
    日本が研究レベルで世界をリードしており、患者会のNPO法人パンキャンジャパン
    の真島喜幸理事も、「絶望のふちにある患者や家族にとって大きな光明となる」
    と新治験薬の開発に希望を抱いている。


     がん細胞やそれに栄養を供給する血管の細胞の表面に現れるタンパク質の断片
    (ペプチド)と同じものを人工的に作り、それを含むワクチンを注射すると、
    免疫の司令塔である樹状細胞が異変を感知。異物を攻撃する性質を持つキラーT細胞
    に伝達し、キラーT細胞はがん細胞の数に対抗できるほど増殖して攻撃を行い、
    がんを小さくする。患者自身の免疫力を使い、副作用がほとんどないのが特徴。
    外科手術、抗がん剤、放射線治療の標準療法に続く第4の治療法として期待されている。
    関連記事

    [ 2012年03月04日 12:12 ] カテゴリ:医療関連 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。