記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  旅行 >  首都高大規模改修工事

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    首都高大規模改修工事



    東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県をつなぐ首都高。
    1962年に東京・京橋―芝浦間が初めて開通し、
    東京オリンピック開幕の64年10月までに33キロが完成。

    総延長301キロのうち、約3割が開通から40年以上が経過し、
    30年以上も合わせると半分近くを占める。

    現在、未補修の損傷件数は2009年時点で9万6600件と、
    02年時点の2・7倍に急増している。
    首都高は1日平均約100万台が利用し、トラックなど大型車の
    通行量が都内の一般道の約5倍。
    「予想を超える過酷な使用状況で劣化が激しい」そうです。

    補修費は現在でも年間200億~300億円。
    今後ますます増える見込みだ。
    橋本圭一郎社長は、
    「場所によっては大規模な更新を計画的に実施していくことを検討する
    段階に来ている」と述べた。

    有識者会議は、橋やトンネルなど各分野の専門家8人が集まり、
    大規模改修が必要な場所や工事の進め方などを検討する。
    建設時期が古い都心環状線や1号線などが主な候補となる見通。
    東京・品川区の運河上を通る1号線の一部区間は塩害で劣化が激しく、
    維持管理も難しくなっている。
    急カーブなどの影響で交通事故や渋滞が多発する区間も検討の対象となる。

    首都高は高架橋が全体の79%、トンネルが10%を占める。
    高架橋の架け替えなどに踏み切れば、一部区間を長い期間通行止めにする
    必要があるため、利用者に与える影響が大きい。

    首都高の交通渋滞による経済的な損失は年間で約1260億円(04年度)
    に上ったとの試算もある。
    首都高全域で渋滞が深刻化すれば、損失は計り知れない。
    少なくとも、改修を円滑に進めるための迂回ルート確保は不可欠ということで
    首都高が大規模改修工事になるのは必至。

    改修費用は、どこを改修するか分からない段階では全く見通せない状況。
    95年の阪神大震災後に行った改修の場合、橋脚約7200基の耐震補強など
    で約3000億円を投じた。
    それを上回るのは確実とみられる。首都高の建設費などの債務は2050年
    までに完済する計画だが、その期限を延ばすことも検討課題になりそうだという。
    関連記事

    [ 2012年03月06日 16:58 ] カテゴリ:旅行 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。