記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  政治関連 >  維新八策のたたき台

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    維新八策のたたき台



    大阪維新の会は10日、次期衆院選の政権公約「維新八策」のたたき台を発表。
    2月に示した骨格を一部修正。
    憲法9条改正を問う国民投票
    最低生活保障制度の創設
    中央省庁の統廃合など
    を新たに盛り込んだ。

    24日に開講する維新政治塾の「レジュメ」として党内や塾で議論し、
    6月をめどに最終案をまとめるという。

    維新代表の橋下徹大阪市長はあいさつで
    「これは政治塾の単なるレジュメ。ここで一定の方向性を出すものではない」
    と強調。会議終了後。
    浅田均政調会長は「反響が大きかったので、整備してきっちりしたものにしていく必要がある」
    と説明した。

    たたき台は、八つの分野で構成し、各分野で理念や政策を盛り込んだ。

    首相公選制や廃止を含めた参院改革のほか、憲法9条改正の是非を問う国民投票を盛り込み、
    「投票の結果、国際貢献のあり方が決まる」とした。更に外国人への土地売却の規制も加えた。

    社会保障制度では、「生まれてから死亡するまでに稼いだお金を使い切る」との方向性を打ち出し、
    年金や失業対策、生活保護などを一本化して「最低生活保障制度」を創設すると明記。
    国税庁などの徴収部門を集約した「歳入庁」を創設し、保険料を強制徴収するとした。

    消費税については、地方交付税の廃止と絡めて「地方税とする」との表現にとどめ、
    増税の是非や税率には触れていない。

    次期衆院選をにらみ、橋下徹大阪市長率いる地域政党「大阪維新の会」が策定を進める
    「維新八策」。
    「日本再生のためのグレートリセット」を理念としている。


    たたき台提示以降で最も注目を集めたのは、憲法9条改正をめぐるスタンス。
    橋下氏は2月24日、改正の是非について、2年間の国民的議論を経て国民投票にかける方策
    を提案し、維新八策に盛り込む考えを示した。
    「9条について決着をつけない限り、国家安全保障についての政策議論をしても何も決まらない」
    という思いがある。

    「9条は、他人が本当に困っているときに自分は嫌なことはやりませんよという価値観だ」。
    橋下氏は9条に対して一定の考えを持ちつつ「国民が決める価値観に従いたい」と話す。

    「逃げていると言われるかもしれないが、こういう問題だからこそ国民の判断に従うのも、
    立派な政治家のふるまいだ」。
    思いを封印してでも決着を優先させるという姿勢を示しました。


    社会保障では「一生使い切り型の人生モデル」との新機軸のもと、たたき台では
    年金制度での積み立て方式と富裕層の掛け捨て方式の併用、最低限所得保障を伴う
    ベーシックインカムや「負の所得税」の導入検討を織り込んだが、さらに保険料の
    徴収強化を目的とした歳入庁の創設も掲げた。

    最低限所得保障は年金や生活保護、失業保険制度の廃止をにらんだ方策だが、
    一方でばらまきにつながるとの指摘もあり、維新内部でも異論があるようだ。

    たたき台に盛り込まれた資産課税についても意見が分かれる。
    相続税100%化につながる案が示され、所属議員から懸念の声が上がった。
    「資産課税をやると、富裕層が国外へ出ていく可能性がある」。
    維新幹事長の松井一郎府知事も5日、「(維新八策に入れるのは)厳しいんじゃないか」
    と述べている。

    ベーシックインカムとは
    国が全ての国民に対し、最低限の生活を送るのに必要な一定額の現金を無条件で支給する政策。
    これにより年金や生活保護、失業保険は必要なくなり、行政コストも低減できる一方、
    財源確保の問題や、労働意欲の低下につながるといった批判もある。
    「負の所得税」は低所得層が税を納めず、逆に一定額を受け取る制度で、これも最低限所得保障
    につながる。

    年金の積み立て方式・掛け捨て方式とは
    現在の年金制度は、現役世代から集めた金を給付に回す賦課方式が基本だが、維新は、
    自ら納めた保険料を将来受け取る積み立て方式に移行し、さらに資産のある人には年金を
    支給しない掛け捨て方式も提唱する。破綻が懸念される年金財源の問題や世代間格差の是正が
    期待できるほか、掛け捨て分を資産のない高齢者への援助に充てることも考えられる。
    維新は同時に、徴収強化などを目的に国税庁と日本年金機構を統合した歳入庁の設置、社会保障
    と税の共通番号制の導入も目指している。
    関連記事

    [ 2012年03月10日 21:34 ] カテゴリ:政治関連 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。