記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  気になる人 >  田中光二さんが自殺未遂

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    田中光二さんが自殺未遂



    田中光二さん(71)が、東京都港区の霊園にある家族の墓の前で自殺を
    図っていたことが30日、警視庁への取材で分かった。
    田中さんは病院に搬送されたが、軽傷で命に別条はないという。

    自殺の理由は、個人的な悩みを抱えていたという。

    田中 光二(たなか こうじ、1941年2月14日 - )は日本の作家。
    SF作家、推理作家、冒険小説作家。日本の「SF作家第二世代」を代表する作家の一人。

    日本統治下の旧朝鮮・京城(ソウル)生まれ。
    父親は漕艇のオリンピック選手であり作家でもあった田中英光。
    私小説的作品『オリンポスの黄昏』で、父との葛藤を描いている。
    父の自殺に伴い、父方の祖母に引き取られ、厳格な躾に反撥して育つ。

    高校生の時、養家を出て実母のもとに引き取られる。
    早稲田大学第二文学部英文科卒業。
    NHKに入局し、教養番組のプロデューサーを務める。
    1971年にNHKを退社後、『幻覚の地平線』でデビュー。
    初期には海洋やジャングルを舞台とした冒険SFを得意としたが、
    後にアクション物、架空戦記物などにジャンルを広げ人気を博す。

    1980年、『黄金の罠』で第1回吉川英治文学新人賞を受賞。
    同年、『血と黄金』で第6回角川小説賞を受賞。
    1988年から1991年の間、日本SF作家クラブの6代目会長をつとめた。
    関連記事

    [ 2012年03月30日 20:33 ] カテゴリ:気になる人 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。