記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  セキュリティ >  騰訊(テンセント)に勤める四川大学の元大学院生

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    騰訊(テンセント)に勤める四川大学の元大学院生



    三菱重工へのサイバー攻撃や標的型メールなどで深刻な問題になっていた事件。
    日本、インド両国の企業やチベット人活動家を標的とするサイバー攻撃
    が昨夏から相次いでいました。
    いずれも中国のインターネット企業の男性従業員が関与していることがわかった。

    30日付米紙ニューヨーク・タイムズが、セキュリティーソフト大手、
    トレンドマイクロ(本社・東京)の分析などを基に報じた。

    同紙によると、男性は中国ネット大手「騰訊(テンセント)」に勤める
    四川大学(四川省成都)の元大学院生。
    航空宇宙やエネルギー分野に関連する日本の複数の企業のほか、インドの
    軍事研究機関や船舶会社、チベット人団体などのパソコン計233台を攻撃した。

    いずれも、電子メールで各企業・団体の関心を引きそうなテーマの添付文書を送りつけ、
    パソコンに侵入する手口で、日本企業への攻撃では福島の原発周辺の放射線量データ
    などを記した文書が添付されていた。

    同紙は複数の専門家の話として、中国政府が外国の情報収集を目的としたサイバー攻撃
    を民間のハッカーに委託している可能性を指摘している。
    関連記事

    [ 2012年03月31日 19:34 ] カテゴリ:セキュリティ | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。